You are here

回数とウエイト:ワークアウトに集中する方法

回数とウエイト、どちらを増やすべきか?それは、達成したいゴールによって異なります。

ワークアウトの最も重要な 2 つの変数は、セットごとの繰り返し数つまり「回数」と、使用するウエイト (テンション) です。目標によって、ウエイトが少なくて回数が多くなったり、またはその逆になったりします。Precor マシンはどちらかを選択、または両方のコンビネーションを選択できるよう設計されています。

一般に、回数を増やすワークアウトは筋肉の持久力を向上が目的であり、筋肉のサイズを大きく増強するにはより重いウエイトで回数を減らしたワークアウトをします。出発点として、以下のようなガイドラインを用意しました。個人トレーナーまたはその他の専門家と協力して、自分自身のゴールに適したプログラムを作成していただくこともできます。

減量するには: 10 ~ 12 回で疲労を感じる程度のウエイトで 1 ~ 3 セット。

筋肉を増やすには: 6 ~ 8 回で疲労を感じる程度のウエイトで 3 セット以上。初心者はこのレベルになるまでトレーニングしてください。

持久力と健康の向上には: 12 ~ 16 回で疲労を感じる程度のウエイトで 1 ~ 3 セット。

また、よく聞かれる質問に、セット間の休憩の長さがあります。ワークアウトが激しくなる程、休み時間もより長くします。重いウエイトを使用している場合は、セットの間で 2 ~ 5 分間休みます。軽いウエイトの場合は、30 秒~ 1 分間休みます。筋肉には修復および成長のための時間が必要ですので、各セッションの間には、48 時間以上の間隔を空けてください。

女性向けの注意点:
「大きく」なってしまうことを恐れるあまり、ストレングス ワークアウトで骨を強化するチャンスを逃してしまう方が多くいます。心配はありません。ほとんどの女性の場合、女性ホルモンの働きにより、筋肉のサイズが劇的に大きくなることはありません。