You are here

Ground Effects® 衝撃コントロール システム (GFX)

Ground Effects 技術は、安定性を最大限に高める十分な強度と、動作の衝撃を吸収するのに十分な柔軟性を持った走行面をいかに設計するかという、トレッドミル最大の問題を克服するための技術です。

ほとんどのトレッドミルのデッキは、弓なりに下に曲がることでショックを吸収します。

この場合、関節へのストレスを軽減するという問題は解決しますが、砂地でジョギングをしているように、足で蹴る動作が難しくなるという新たな問題が生じます。

Precor は、この問題を分析し、高衝撃のランニングを、安定性または速度を犠牲にする必要のない低衝撃スポーツに変化させることにしました。

その結果、自然な走行面を凌ぐ、特許取得トレッドミルが設計されました。

屋外で走る場合は、地面が堅固なため、安定した走りが可能です。充実した安全なランニングのためにはしっかりとした地面が必要なのです。しかし、足が着地する際には、ひざ、足首、腰などの関節にストレスが加わるため、不快さを感じ、すぐに体が疲労してしまいます。

Precor GFXは、Precor のすべてのプレミアム トレッドミルに搭載されています。足がベルトに着地する前方部分の吸収効果がより高くなっており、足で蹴る際にしっかりと押せるように後方がより硬くなっているという、革命的なトレッドミル デッキ設計になっています。そのため、安定性が備わり、健康な関節と安全なランニングを提供することができます。

機能強化されたワークアウトには、以下のような効果があります。

  • 高衝撃動作の吸収
  • 関節へのストレスの軽減および疲労の最小化
  • コントロールされ安定した押出し動作のサポート

GFX 技術が人間の体にやさしい理由

  1. 必要な部分でのみショックを吸収 – Precor ランニング デッキは後ろ側で固定されているため、衝撃吸収の必要な前部で衝撃吸収性が最も高くなっており、スムーズで自然なランニング動作が可能です。快適なワークアウトに必要な前方の弾力性を損なうことなく、走行面のあらゆる部分で最大限の横方向の安定性を実現します。
  2. 足で蹴る際の力強い動作をサポート– 安定した改良型ランニング デッキでは、力強い蹴り動作が可能です。蹴る際に足が沈み込んで力強い動作ができないと、余分なエネルギーが必要になるため、疲労が増し、ワークアウトの効果が薄れてしまいます。Precor のトレッドミル デッキ設計では後方をより硬くすることで、強度と吸収性のバランスがよくなり、しっかりとした蹴り動作が可能になるとともに、関節へのストレスも軽減されます。
  3. 個人のニーズに合わせて調整 – Precor の革新的な技術の 1 つに、デッキ前方に配置された三角形のショック吸収材があり、身長と体重に基づいて段階的に衝撃を吸収します。横方向の安定性と可変ショック吸収が組み合わさり、マラソンのトレーニングから怪我からの回復トレーニングまで、体型とワークアウトに合わせた最適なマシン環境を実現します。

Integrated Footplant Technology™ (IFT)

Integrated Footplant Technology は、ランニング中でもウォーキング中でも、足の速度は一定ではないという 1 つのシンプルな事実を考慮に入れた技術です。

Precor トレッドミルは足の速度を記録し、Precor のプレミアム トレッドミルに至っては毎秒最大 710 回もベルト速度が再調整されます。このため、トレッドミルで起こりがちな関節と靴の不快感が軽減され、自然なランニング ストライドがサポートされます。

その結果生まれたのが、自然なランニング ストライドを完全に補完する、特許取得済みのトレッドミル技術です。

トレッドミルにかかとで着地する際には、強力なエネルギー スパイクが足に伝わります。IFT はエネルギー スパイク情報を読み取り、ランニング中にベルト速度の微調整を行います。滑らかなランニング ストライドが維持されて疲労が軽減され、より快適に感じられるため、さらにエネルギッシュな有酸素ワークアウトが可能になります。

Precor IFT はトレッドミルの設計時に、マシン動作を人間の動作にシンクロさせるものとして役立っています。

機能強化されたワークアウトには、以下のような効果があります。

  • 完全に滑らかで自然な感じ
  • 関節へのストレスの軽減および疲労の最小化
  • 有酸素ワークアウトによる心臓と肺への効果を最大化

IFT技術が人間の体にやさしい理由

  1. 自然なランニング動作を模倣– ランニングまたはウォーキング時には、ステップごとに足の速度が調整されます。屋外でのエクササイズの場合、しっかりとした地面であれば、ストライド開始時に自然に加速されます。Precor 技術は足がデッキに着地した際にベルト速度を細かく調整することでこの自然な加速と連動して、動作をサポートし、前進動作の際に足が後方に引っ張られる原因となる引きずりを防止します。
  2. ランニング速度とベルト速度の調和– Precor トレッドミルはベルト速度を調整するよう設計されているため、トレッドミルの走行面でも屋外のランニングで得られるような効果を体験できます。そのため、マシンのソフトウェアがかかとの着地をモニタリングし、それをハードウェアに伝え、プレミアム トレッドミルではモーターの速度を毎秒最大 710 回も調整します。その結果、ランナーとマシンが調和し、スムーズで滑らか、そしてリズミカルなランニングが実現します。