You are here

K.O.P.S.とは?ペダル スピンドル上のひざ位置のバイオメカニクスについて。

すべての Precor バイクは効率と快適さを求め、バイオメカニクスに基づいて設計されています。
Precor バイクは、非常に衝撃の少ない効果的なカーディオ(有酸素運動)と足の筋肉を調整するためのワークアウトを行います。大切なことは、すべての利用者に対応できることです。Precor はプロサイクリストに、標準フィットテクニックとして認められている K.O.P.S. (べダル スピンドル上のひざ位置) 原理を使用しています。ペダル クランクが水平だと、ひざ前の真下にある下げ振りラインはペダルのスピンドルと交差するという意味です。これは、サドルを前後に調整すれば簡単にできることです。

各ストロークの効果を最大限にするには
Precor バイクのワークアウト効果を最大限に高めるには、まずペダリング テクニックを覚えます。それぞれのペダル ストロークでスムーズな円を描くことに集中し、円全体を通して均一に負荷をかけます。これはペダルを上に引っ張る場合も、下に押す場合も同じです。

最適な RPM を維持
1 分間に 60 ~ 90 回転のペースが理想的です。腰に過度の負荷をかけたり、腰を揺らしたりすることなく、このリズムを維持できる負荷レベルを選択してください。ワークアウトの初期の段階では、体のウォーム アップに十分な時間をかけ、無理をしないよう注意します。

RPM と負荷レベル
RPM を高くし、負荷を低くすることで、より心肺機能 (有酸素) 向けのワークアウトができ、持久力の向上に役立ちます。RPM を低くし、負荷を高くした場合も、持久力を向上させることはできますが、どちらかと言えばパワーとストレングスの増強に焦点を当てたワークアウトになります。

高 RPM + 低負荷 = カーディオ ワークアウト向き

低 RPM + 高負荷 = パワーおよびストレングス ワークアウト向き

サイクリングのパフォーマンスを向上するためには、カーディオ ワークアウトにより多く時間をかけてください。負荷が高いパワー ワークアウトは 1 週間に 1 回程度にしてください。