You are here

手動調節可能な CrossRamp: 角度を変更する方法

 

下半身の筋肉 CrossRamp の角度を低くすると、臀筋と大腿四頭筋に重点が置かれます。
臀筋 と大腿四頭筋 CrossRamp の角度を真中に設定すると、主に臀筋が鍛えられます。 ファットバーナーと心拍数制御のプリセット プログラムにはこの角度を推奨しいています。
臀筋 Cross Ramp の角度を高くすると、臀筋、大腿四頭筋、ハムストリング筋、およびふくらはぎの下半身すべての筋肉が対象になります。 ヒップ、ヒル クライミング、クロス トレーナーのプリセット プログラムにはこの角度を推奨しています。

プリセット プログラムではすべて、ご自分で CrossRamp を好きな位置に調節できます。

Precor は以下の設定を推奨します。

  • クロストレーナー – ワークアウト中に低から高に変える
  • ファットバーナー – 中
  • ヒップ – 高
  • 心拍数制御 - 中
  • ヒル クライム – 高
  • インターバル – お好みの角度
  • マニュアル – お好みの角度
  • 減量 – お好みの角度

CrossRamp の手動調節

CrossRamp は、以下の 3 つの位置に調節できます。

  • 低 - 15度
  • 中 - 20度
  • 高 - 25度

1. EFX を使用している場合は、EFXから降りてください。

2. CrossRampを調節するには、またがるか、片側に立ちます (図を参照)。

注意:ランプを調節するには、床に立つ必要があります。マシンまたはフット ペダルの上に立ったままでは調節できません。

3. 一方の手を CrossRamp の前に、もう一方の手をレバーに乗せます。

4. レバーを後方に引き上げ、CrossRamp の前の部分を自分の方に引き上げます。こうすることで CrossRamp がはずされ、調節できるようになります。CrossRamp を希望の高さに調節してください。

重要:グリップを手放す前に、CrossRamp を軽く押し下げて、いずれかの傾斜位置にしっかりとはまったことを確認してください。CrossRamp が動かないことを確認します。

5. CrossRamp 調節中は、コンソールと (EFX 5.23 の) 可動ハンドルバーの位置に注意してください。立ち上がるとき、コンソールで頭を打たないように気をつけてください。