トレッドミル購入ガイド:自分に合ったトレッドミルの選択

  • United States

グレゴリー J. フローレス著

トレッドミルの購入および使用は、健康に関して自分自身で下せる最も賢明な意志決定と言えるでしょう。フィットネス専門家の立場からは、家庭用フィットネスマシンとしては、何よりもまずトレッドミルをお勧めします。トレッドミルは機能的で使いやすく、適切に使用すれば、カロリー消費、体重管理、筋肉強化、心肺機能の強化が可能な理想的なマシンです。ただし、注意が必要なのは、トレッドミルはフィットネス業界の中でもカテゴリーが最も広範囲におよび、他のフィットネスマシンに比べると選択肢が広い点です。これには、良い面と悪い面があります。以下に、効果的な投資をし、目標を達成するための重要なヒントについて述べます。

賢い選択をし、損をしないために重要なのは、購入時のアプローチです。

十分に時間をかけてください。

  • まずはオンラインで下調べを済ませ、知識を蓄えます
  • 評判の良い販売店やウェブ サイトから始めます
  • 下記で説明するような難しい質問をしてみます
  • 店舗などにおいて、マシンを徹底的に試してみます
  • 自分自身と家族の両方の目標についてじっくりと考えます

 

トレッドミルの購入

  1. 購入するトレッドミルを探し始める前に、自分の目標を明確にし、さらにマシンを使用する他の家族の目標についても考慮します。ほとんどの家庭では、複数の家族がフィットネスマシンを使用します。たとえば、「安物買い」とも言えるような、質の悪いパワー不足のトレッドミルを購入し、60 キロと 90 キロの体重の人が共用するといった間違いがよく見られます。
  2. オンライン検索から始めて、興味を引くマシンを探します。格付けウェブ サイト、製品レビューなどを利用して、最も評価の高いブランドを見つけます。メーカーのウェブ サイトをチェックしたり、メーカーのFacebook のページにアクセスしたりして、どのような人がそのメーカーのマシンを使用しているか確認します。たいていの場合、最高ブランドは、ジムやヘルス クラブで使用されている業務用のマシンも製作しています。
  3. 興味のあるメーカーとモデルが見つかったら、そのマシンをどこで購入できるか調べます。ほとんどのマシンは、メーカーのウェブ サイトや他のショッピング サイト経由でオンライン購入するか、小売店で購入できます。小売店の場合、品質の良いマシンは、ディスカウント ストアではなくフィットネス専門の店で販売されています。
  4. 必要なサービスレベルについて考えます。サービスが最も良いのは、フィットネス専門販売店です。オンラインで購入したほうが安く手に入ることが多いのですが、どのマシンを購入するかについて事前にさらに詳しく調べる必要があります。また、購入後、送付されてきたら自分でマシンを組み立てる必要がある場合があります (ショッピング サイトによって異なります)。
  5. 認定を受けたフィットネス専門の販売店。地元のフィットネス専門販売店がどのブランドを取り扱っているかをリストアップします。もっぱら特定のブランドのみを販売している販売店が多くあります。あらかじめ下調べを行うのが重要である理由は、ここにあります。フィットネス専門販売店は、トレーニングを受けたスタッフが多く、マシンも高品質なものを揃えており、製品をより効率的に組み立て、修理もできる可能性が高いのです。ローンなどの支払いオプションを提供している店もあります。中には、プログラム開始のお手伝いをするパーソナル トレーナーを紹介できる販売店もあるでしょう。
  6. マシンを試してみます。オンラインで購入の場合は、友人、ジム、スパ、またはホテルを通じてそのマシンを試しに使えないか探ってみてください。優れたメーカーは、業務用の製品を販売していることが多いので、そのメーカーのマシンに触れることができる場所があるかもしれません。ただし、小売販売店を訪れてそこの店員の時間を奪ったあげく、どこか別のところから安く購入することは、その店員にとって公平だとは言えません。
  7. 販売店を訪れる場合は、購入後の実際の使用方法に即したやり方でマシンを試せるように準備をしてください。ほとんどのマシンは、5 分間その上で歩き続けて始めて、実際のマシンを適切に感じとることができます。傾斜を付けたり、異なるプログラムを使用したり、ジョギングしたりしてトレッドミルの能力を試してみて初めて、その品質や快適性、さらには振動や騒音などの品質上の主な違いが分かり始めます。動きやすい運動着およびウォーキング シューズやジョギング シューズなどを身に付けていきます。マシンの試用には、必ず 15 ~ 30 分かけてください。優れたトレッドミルの購入は、大きな投資と言えます。十分に時間をかけてください。

必須アイテム

操作が簡単なコンソールと数値をテジタルで大きく表示するスクリーン。「レイアウトは分かりやすいか?」と自問してください。開始や停止などの基本的操作は最初に販売員から教わるとしても、使用し始めて数分後には、ボタンやコンソールが直感的に分かるものでなければなりません。

衝撃吸収システム。これは、最近のほとんどのトレッドミルが主な売りとしている機能ですが、注意が必要です。早歩きや走る際、デッキが堅く安定しており、かつ柔軟に感じられますか?デッキが柔らかい、またはスポンジのような感じがするのは良くありません。そのような種類の緩衝作用は、長期的にはひざを痛めてしまう場合があり、さらには早く摩耗します。それとは逆に、まるでアスファルト上を走っているように感じるトレッドミルも避けたいところです。緩衝システムの仕組みに関して、説得力ある研究に裏打ちされた証拠を提供できるメーカーを探してください。メーカーがその緩衝システムを選んだ理由とその動作の仕組みを販売者に確認してください。緩衝システムには、単にゴム製のスペーサーや緩衝材を入れる以外の方法論があるはずです。

緩衝システムに加え、トレッドミルの中にはベルトのスピードを自動調節し、運動中の足の速度のわずかな変化を補うような製品もあります。こうした技術が目指しているのは、快適な運動と、体に優しいシステムです。販売店で試しに運動することで、こうした機能が自分のワークアウト向上に実際につながるかどうかを判断するのに役立ちます。ワークアウトをより快適にし、持続しやすくするものは、それが何であれ検討に値するということを覚えておいてください。

電子機能。トレッドミルの多くは、扇風機や対話型機能から消費カロリーの表示など、購入者を惹きつけるためのさまざまな機能を装備しています。自分にとって何が重要なのか、トレッドミルをどのように使うのかを考えてみてください。鍵となるのは、やる気と興味の両方を引き立てるような電子機能です。トレーニングが進むにつれて進化し、他の家族のニーズも満たすような電子パッケージを探します。フィットネス専門家の立場からは、インターバル プログラム、クイック スタート機能、カスタマイズが可能で過去のワークアウト データを保存して将来参照できる個々のユーザー ID などのような機能が、最も効果的な機能の一部ではないかと思います。

適切なモーター。これに関するデータは、あらゆる情報の中でも最も紛らわしいものです。「大は小を兼ねる」のような表現に騙されないでください。モーター以外の部品の品質が高ければ、事実上あらゆるユーザーにとって 2.0 馬力以上の連続使用 HP モーターで十分です (連続使用とは、予想される標準的な用途における馬力の尺度で、「最大」馬力よりも格段に有意義な尺度です)。

たとえば、冷却機構が優れていれば、モーターやその他の主要部品で発生する熱が減少し、部品の寿命が延びます。冷却機構がお粗末なのに大きなモーターを使用するなどといった組み合わせは良くなく、部品の損傷が早まるのに加え、性能不良になる可能性があります。トレッドミルは、単に「大きな」モーターまたは「静かな」モーターを備えたマシンとして考えるのではなく、調和のとれた部品が集まったシステムとして考えてください。

プログラムとモチベーション

フィットネス的観点からの基礎指標としては、経過時間、距離、速度、傾斜があげられます。また、消費カロリーの測定も、個人によってはやる気を起こさせる指標です。日々のやる気を継続させられるような情報や機能が他にあれば考えてみてください。これに答えられるのは、他の誰でもない、自分自身なのです。

過去に効果のあったこと、あるいは効果のなかったことを思い出してください。長期的な観点から結局重要なのは、自分がこのフィットネスマシンを日々継続使用できるかどうかである点を忘れないでください。

最も便利な追加機能としては、以下のようなものがあります。

心拍数に合わせた自動調整。心拍数 (HR) 測定の進歩は、トレーニングの進度と適切な強度を示す最も確実な指標となります。トレーニング時に守るべき心拍数の目標範囲がすべての人にあります。あまりにも高く設定すると、怪我のリスクが高まります。あまりにも低すぎると、目標を達成できません。優れたトレッドミルは、心拍数を測定しながら、最適な範囲内に確実に留まるように速度を調整します。望ましい心拍数を入力するだけで、ワークアウト中にマシンが適宜調節を行います。最低でも傾斜を調整してくれる心拍数コントロールを探してください。速度と傾斜の両方が調整されると、ユーザーにとって困った事態が発生する恐れもあります。速度と傾斜の両方を調整する製品は、多くの場合、手動で調整を行うことができません。設定が不快に感じられる場合はマシンを停止し、再度プログラムを行う必要があります。傾斜調節のみの心拍数プログラムでは、手動で速度調整が可能なので、安心してマシンを制御できます。

プリセット プログラムとカスタム プログラム。プログラムを辞めてしまう主な理由の 1 つに退屈さがあります。多彩なプログラムが用意されているトレッドミルは、トレーニング プログラムを新鮮かつ変化に富んだものにしてくれます。さらに、ユーザーごとのニーズに合わせてプログラムをカスタマイズできる機能があれば素晴らしいでしょう。プログラム機能についても調べるようにしてください。

ユーザー プロファイル/ID。使用者ごとにデータの保存が可能な個別ユーザー ID は、家族、夫婦、またはワークアウト仲間の間でマシンを共用する場合に理想的で、お互いに競争したり、自分の記録に挑戦したりするのに最適です。ユーザー ID を使用すると、独自の走行距離計を管理し、ワークアウト情報のデータベースを保存し、自分自身の好みや目標に基づいたカスタム コースを作成することができます。これは、進歩の度合いを測定するには素晴らしい方法です。優れたトレッドミルは、あなたのワークアウト、さらには他の家族のワークアウトの内容も「記憶」します。ワークアウトのデータを再度複製できるように、2 人以上の使用者のワークアウトを保存できる機能を備えたマシンを探してください。

使いやすさ。個人トレベルのレーニングの世界では、多くのお客様がトレッドミルの機能やボタンの数に恐れをなしたり、イライラさせられたりしていることが長年の経験で分かってきました。これは、定期的な運動を妨げる新たな障害になります。優れたトレッドミルは、使用方法が簡単です。大きな緑色のボタンは作動中を意味します。大きな赤色のボタンは停止中を意味します。緊急停止のためのラベルを提示し、プログラムが起動するまでに押すボタンの数は 2 ~ 3 個以下であるべきです。手動または「クイック スタート」モード、および前述のプログラムを備えたトレッドミルを探してください。モードは、わずか 1 ~ 2 回ボタンを押すだけで使用可能になります。基本的に、難しいことは代行してくれるトレッドミルを探しましょう。

インターバル トレーニング。インターバル トレーニングとは、低強度の期間と高強度の期間とを組み合わせて行うトレーニングで、短期間で体力レベルを増加させるのには非常に有効な手段です。インターバル トレーニング用の多様なオプションをもつプログラムを探してください。代表的なインターバル プログラムは、1 分休んで 1 分運動するインターバル設定で動作します。このようなプログラムは、休憩時間と運動時間をそれぞれ 1 回ずつ入力するだけで、後はマシンにおまかせの設定にできるようなものであるべきです。

フィットネス テスト。やる気を引き出し、進歩の度合いを測定するのに適したツールです。基本的には、その時々における自分の健康レベルを「テスト」する、一連の科学的原理に基づいて事前に設定されているプログラムのことです。一般的に、プログラムを起動すると、心拍数、距離や速度などの変数に基づいた健康レベルがプログラムによって段階的に測定されます。研究によれば、人々が運動プログラムを辞める主な理由で 2 番目に多いのは、結果が見えないことだそうです。定期的に体力テストを実施することは、あなたの進歩の度合いを確認するのに役立ちます。

安全性とメンテナンス

電子マシンの上を走ったり歩いたりするのは非常に効果的で簡単です。ただし、賢く選択しないと危険で品質上の問題が発生してしまう可能性も否めません。以下では、注意が必要な点について説明します。

安全機能。安全キーや、スピードを徐々に変化させて開始や停止を行うベルト速度など、基本的な点に着目してください。トレッドミルに、快適な手すりやコンソール グリップが邪魔にならない位置に付いていることを確認します。それに当たらずに快適に走ったり歩いたりできますか?それは、開始または停止時に使用できるように人間工学に基づいた配置になっていますか?販売店で数分間試すことで、賢く選択するのに役立ちます。

メンテナンス。メンテナンスの手間がかからないトレッドミルを探してください。基本的な手入れは望ましいことですが、ワークアウトが終了するたびにトレッドミルに注油したり、整備するのに時間を取られたりするべきではありません。うまく設計されたマシンは、通常発生する摩耗は考慮されているので、メンテナンスの必要はなく、時間と労力を節約できるようになっています。両面を使用できるデッキ、つまり、走行面に通常発生する摩耗が進行している場合は裏返しにできるようなデッキを探してください。デッキの両面を利用できると、トレッドミルの表面の寿命が単純に倍増します。

保証。トレッドミルは、電子マシンです。高品質のマシンは、長期的な投資であり、定期的に点検が必要になる時期もあります。最高品質のトレッドミルは、フレームに対して永久保証が付いています。その他の部品については、少なくとも修理などの作業に関して 1 年、部品に関して 1 ~ 3 年が保証されるようなトレッドミルを探してください。どの部品が保証の対象になるか、販売員に確認してください。

保証範囲に以下のものが含まれていることを確認します。

  • モーター
  • デッキとベルト
  • 電子装置

さらに、マシンを購入する販売店には、そのマシンの点検・修理を行うためのメーカーによるトレーニングと認定を受けた専属のサービス スタッフがいるでしょうか?

著者について

First Fitness, Inc の創業者兼 CEO であるグレゴリー フローレス氏は、ヘルスおよびフィットネス分野の国を代表する専門家のひとりです。

グレゴリーの専門分野は、個別指導およびトレーニング、製品の動向、およびフィットネス技術などです。彼の会社である First Fitness, Inc. と FitAdvisor.com は、過去 22 年間にわたって、DuPont や Intel などのフォーチュン 500 社に名を連ねる企業で働く 40,000 人を超える幹部や従業員と世界中で協力し、大切な従業員の健康改善のための努力を重ねています。

グレゴリーが提供する FitAdvisor Health Coaching Services は、ウォール ストリート ジャーナルで最高のコーチング サービスに選ばれました。数冊の本を出版しており、IDEA の取締役、および米国運動協議会 (American Council on Exercise) の広報担当を務めています。「Health and Fitness Business」、「The American College of Sports Medicine」、「Club Industry」などの業界誌や会議、さらには「The Wall Street Journal」、「Business Week」、「Men's Health」、「Vogue」、「Good Housekeeping」、「Smart Money Magazine」などの消費者向けのメディアで定期的に作家、講演者、および専門家として登場しています。また、「Club Industry」の「Fitness Business Pro Magazine」や「The American Council on Exercise」のプロフェッショナル Web サイトの人気コラムニストでもあります。グレゴリーは、以前は大学と Nike がスポンサーを務めるスポーツ選手であり、さまざまな耐久競技に参加してきました。