9.2 トレッドミルのマルチゾーン衝撃コントロール

Treadmill Impact Control

Precor 9.2 シリーズのトレッドミルはマルチゾーンのショックを吸収し、ランニングおよびウォーキングの際の衝撃を軽減します。動作の衝撃を吸収し、関節へのストレスを軽減、疲労を最小限に抑え、機能強化されたワークアウトを体験していただけます。

自然なストライドを補完

Precor 9.2 シリーズのトレッドミルは足の速度を記録し、12 mph (19.3 kph) で毎秒最大 57 回、ベルト速度が再調整されるため、トレッドミルで起こりがちな関節と靴の不快感が軽減され、自然なストライドをサポートします。

トレッドミルにかかとで着地する際には、強力なエネルギー スパイクが足に伝わります。トレッドミルは読み取ったエネルギー スパイク情報に基づき、ランニングまたはウォーキング中にベルト速度の微調整を行います。滑らかなストライドが維持されることで疲労が軽減され、より快適さを感じられるため、さらにエネルギッシュな有酸素ワークアウトが可能になります。

機能強化されたワークアウトには、以下のような効果があります。

  • 滑らかで自然な感じ
  • 関節へのストレスの軽減および疲労の最小化
  • 有酸素ワークアウトによる心臓と肺への効果の最大化

マルチゾーン衝撃コントロール技術が人間の体にやさしい理由

Impact Control Multi Zone

  1. 自然なランニング動作を模倣– ランニングまたはウォーキング時には、ステップごとに足の速度が調整されます。屋外でのエクササイズの場合、しっかりとした地面であれば、ストライド開始ごとに自然な加速がサポートされます。Precor 技術では足がデッキに着地する際にベルト速度を調整し、自然な動作をサポートします。前進動作の際に足が後方に引っ張られる原因となる引きずりを防止します。
  2. ランニング速度とベルト速度の調和– Precor トレッドミルはベルト速度を調整するよう設計されているため、トレッドミルの走行面でも屋外のランニングで得られるような効果が体験できます。そのため、マシンのソフトウェアがかかとの着地をモニタリングし、それをハードウェアに伝え、9.2 シリーズのトレッドミルではモーターの速度を毎秒最大 57 回も調整します。その結果、ユーザーとマシンが調和し、スムーズで滑らか、そしてリズミカルなランニングが実現されるのです。