フィットネス施設の資産を有効に管理するには:施設

フィットネスジム経営者向け

フィットネス施設の資産を有効に管理するには:施設

Fill out the form below to access this guide.

事業の経営においては、あらゆる側面が連動して機能することにより顧客と従業員の満足度を向上させることができます。今回は、フィットネス施設の経営において重要とされる側面のうちの一つの「施設」について考えてみましょう。

施設の立地、レイアウト、テクノロジーの活用に関するフィットネス業界のエキスパートからのヒントやアドバイスをご紹介します。

立地の重要性

フィットネス施設をすでに経営している方なら、最適な立地を探すことがいかに難しいか経験されているはずです。出店がこれからの方は、考慮すべき点がいくつかあります。

まず、次の 4 つの要素について考えてみましょう。

  • 資金:店舗を借りるか、改築するか、新築するかを決めます。
  • ユーザー層:ターゲットとするユーザー層を充分に分析して地域を選定します。
  • アクセス:通いやすいようアクセスの良い場所を選びます。
  • 競合施設: 近隣にある競合施設を調査します。

趣の異なるレイアウトを敢えて取り入れる

施設のレイアウトは限られたスペースの中で行わなければなりませんが、自社のブランドコンセプトを積極的に取り入れましょう。例えば、コミュニティ感を出すのであれば、内装を通してその要素を表現します。

レイアウト計画を機器の選択から始める代わりに、まず施設の中に設けたいゾーンやエリアの構想を練り、各ゾーンにそれぞれどの程度のスペースが必要か決めます。

このようなチャートを作ってみるとよいでしょう。施設のニーズに応じて各ゾーンを大まかに割り当てます。

グループトレーニング

このところ、グループトレーニングがパーソナルトレーニングより楽しくてお手頃と考える人が増えています。グループトレーニングで会員に際立ったワークアウト体験を提供できると同時に、二次収益が期待できます。

米国コロラド州デンバーの Greenwood Athletic and Tennis Club のパーソナルトレーニング部門ディレクター、Vic Spatola 氏は、グループトレーニングプログラムを成功させるには専用のスペースと優秀なトレーナーが不可欠であると述べています。

グループトレーニングを施設のプログラムとして導入する際は、以下の点に留意します。

  • トレーニングエリアとトレーニング用の機器/器具を確保します。
  • トレーニングプログラムを①グループフィットネス(大人数で一斉指導)、②グループトレーニング(グループフィットネスより少ない人数でより目の届いた指導)、③パーソナルトレーニング(マンツーマン)などと区別します。
  • 有料のクラスと無料のクラスではトレーナーを分けて、特別感を出します。

ネットワーク型フィットネスの環境を構築する

Integrus LLC社の最高経営責任者兼 Fitness Industry Technology Council(フィットネス技術審議会) 議長の Bryan O’Rourke 氏はこう述べています。「テクノロジー/デジタルを取り入れたサービス導入の最終目標は、既存会員の定着を促すこと、そして潜在客や見込み客を入会に導くことです。」

ネットワーク型フィットネス、ウェアラブルデバイス、スマート技術対応のフィットネスクラブ、オンラインビデオストリーミングの出現によりフィットネスの世界は大きく変貌を遂げました。

テクノロジーの活用を施設の利益増加につなげます。米国の施設は、NFC(近距離無線通信)に対応した施設管理システムを導入し始めています。NFC カードまたは NFC 対応の携帯電話は、会員の信用情報の照会、フロアへのアクセス制限、会員権限の共有の防止などに使うことができます。

クラブ管理システムは、より良い利用体験を提供してくれるだけでなく、会員種別の見直しやマーケティングに使用できるデータなども提供してくれます。

ネットワーク型フィットネス環境の構築はハードルが高いと感じられるかもしれませんが、会員を招致し定着させる上で、いまや必要不可欠になりつつあります。スタッフが収集したデータを分析できるようになれば、会員一人ひとりに合ったフィットネス環境の構築が可能となります。

Active Management社の代表 、Just Tamsett 氏は「情報とテクノロジーを提供する一方で、ネットワーク型フィットネス環境が施設のコミュニティにマイナスの影響がないよう、微妙なバランスを見極めることが重要である」との見解を示しています。

要約

立地、レイアウト、テクノロジーの活用など施設の異なる要素が同じ目的を持って連動することにより、会員のニーズを満たし、フィットネス施設の経営で成功を収めることができるのです。

フィットネス施設の他の資産を管理する方法については、以下をご参照ください。

フィットネス施設の資産を有効に管理するには:ブランド
フィットネス施設の資産を有効に管理するには:スタッフ
フィットネス施設の資産を有効に管理するには:設備/器具