グループトレーニングプログラムの作成法

フィットネスジム経営者向け

グループトレーニングプログラムの作成法

グループトレーニングの実施は、新しい収益の流れを生み、メンバーを呼び込み、スタッフのやる気を引き出すエキサイティングな方法です。これは、1人のフィットネス専門家が、やる気とパーソナライズされたフィットネス体験を通して複数のエクササイズを指導する、コーチ主導のトレーニング環境として定義されています。

グループトレーニングプログラムを実現するには、6つの重要な構成要素(ビジョン、プログラム、マーケティング、人材、エクスペリエンス(体験)、簡単な登録手続き)が必要です。よく考え抜かれた徹底したプランニングを行えば、貴施設に最適なビジネスモデルを構築できるでしょう。グループトレーニングプログラミングの立ち上げに興味がある方は、プランニング開始にあたり、次の重要な要素を確認することをお勧めします。

ビジョン

施設にグループトレーニングプログラムを作成する大きな第一歩は、ビジョンを定めることです。どのような特徴がユニークなグループトレーニングの要素となるのでしょうか。グループトレーニングで避けるべきはどんなものでしょうか。たいていの施設は料金ベースのグループトレーニングの立ち上げや維持に苦労していますが、その理由は多数あります。全員に向けてアピールするため確たるアイデンティティがない、施設の利用層にマッチしていない、「プレミアム感」や気持ちをかき立てる何かが欠けているなど、挙げたらきりがありません。

施設のリーダーたち、マーケティングチーム、ビジネス感覚に優れたトレーナーなど、プログラムの主な関係者たちと連携してビジョンを決定してください。1日の施設利用のピーク時間帯、メンバーの嗜好、年齢層分布など、メンバーを基盤とした傾向を評価するといいでしょう。現在のプログラミングと二次的収益源となる提供物(専門クラスやパーソナルトレーニング)を分析してください。競争相手の動向を調査し、差別化する方法や、競争相手を参考にできる点を探ってください。

ビジョンを定めるときに検討するのは、グループトレーニングを提供する第一の目的、収益に期待するもの、アピールしたい対象、プログラムで体現する業界トレンド、プログラムを実行する人と場所、実行するために必要な設備です。すべてを検討し終わったら、強力且つ簡潔なビジョンが出来上がります。プログラムの価値提案を従業員たちが明瞭に伝えることができ、施設のビジョンに合致した言葉で顧客たちがプログラムについて話すようになるでしょう。

プログラム

プログラムとは、グループトレーニングの種類と、サービスを構成する一連のワークアウトを描写したものです。ワークアウトは効果的、進捗的、理想的なもので、掲げたビジョンと合致する必要があります。また、グループトレーニングプログラムのワークアウトを施設で開発者に一元管理してほしいか、第三者のグループトレーニングサービスから購入したいか、トレーナーに作ってもらいたいかを決める必要もあります。

同じく重要なのは、作りたいクラスのスタイルを決めることです。全員が同じことをするクラスにしたいのか、それとも各ステーションで一定時間を費やすサーキットにするか、スモールグループの範囲におさめるのかどうか。トレーナーと設備の可用性、クラスの規模に応じて変わるかもしれません。

プログラムの雰囲気を作るのはトレーニング環境です。ジムフロアやグループエクササイズルームから離れた専用の場所でグループトレーニングクラスを開くのは、排他的な空間を作る上で理想的で、価格を高くする機会になります。使用する設備の種類はプログラムのビジョンを反映させたもので、汎用性があり楽しく使いやすくなければなりません。

マーケティング

明瞭で説得力あるマーケティングメッセージは、関心を集めて新旧のメンバー登録、施設のブランド構築に導き、パーソナルトレーニングなど施設内の他のサービスに参加者を取り込むなど、プログラムを支えます。効果的なコミュニケーションをするには、メンバーと交流する最善の方法を見極める必要があります。フライヤー、SNS、電子メール、ジムのスタッフなどの手段があります。

通常のマーケティングチャネル外で考えることも、グループトレーニングプログラムとの強力な関与をもたらします。プログラムの立ち上げ時に無料セッション提供を検討、関心をもたらす動画やストーリーで販促すること、スタッフがお客様と気軽に関わることもできます。

さらに、ビジョンと合致するなら、地元コミュニティも必ずマーケティングに含めてください。規模の大きいコミュニティは、貴施設のサービスにまったく新しいマーケットをもたらし、グループトレーニングプログラムに対する関心を高めてくれます。キャンペーンを行い、貴施設の提供物に対する認知を高めて、ウェブサイト、SNS、地元メディアも大いに活用しましょう。オープンハウス(施設に自由に出入りできるイベント)開催は、潜在的な新規メンバーをグループトレーニングプログラムと施設体験に招くために理想的です。

人材

最高のビジョンを掲げたグループトレーニングプログラムを作り、マーケティングを行った場合でも、プログラムを実現して情熱と興奮を生むには、適切なスタッフが必要です。グループトレーニングスタッフは、他人を巻き込むパーソナリティを備え、メンバーのやる気を引き出すことができ、クラス運営を滞りなく行える人材を選んでください。

手始めに、現在のパーソナルトレーニング部門やグループエクササイズ部門から調査するといいでしょう。このとき留意すべきは、一対一のトレーニング用に個人向けにカスタマイズする事や仲間意識が生まれるグループトレーニングでは、トレーニングスタイルが異なるということです。トレーナーのオーディションを開き、クラスの内外で、言動や熱意、ノウハウをチェックし、プログラム販売に貢献できそうな人材かどうか目を光らせて、評価する方法について考えてみましょう。

グループトレーニングプログラムがビジョンに沿うようにするため、クラスを見学するか実際に参加してみてもいいでしょう。インストラクターに対するフィードバックでフォローを行い、参加者からのフィードバックも募ってください。

エクスペリエンス(体験)

エクササイズ参加者は、やる気を引き出す設定やコミュニティ感覚のある環境下でプレミアムなワークアウト体験を求めています。メンバーの関心と熱意を引きつけて離さないインパクトの大きな体験をもたらすために、次に重点を置いてください。

  • ミュージック:良いテンポでクラスの雰囲気とリズムを作ります。エクササイズとトレーニングスタッフにエネルギーをもたらします。
  • 照明:雰囲気を出すもう1つの手段です。室内で高強度のセッションからリラックスしたセッションに切り替えるために利用します。威圧的な雰囲気を弱めて参加者に自信を持たせることができます。
  • ヘッドセット:音楽越しにインストラクターの声が聞える音量に留めてください。ヘッドセットがあればグループトレーナーはハンドフリーでコーチングができ、室内を動きまわることができます。
  • プレミアムなタッチポイント:グループトレーニング体験は、フィットネススタジオ体験と同じくらい意義あるものにしましょう。無料で提供するフレーバーウォーター、香りつきのタオルや専用チェックインスタッフやキオスクなどで心を刺激すると、関心を持って取り組んでくれます。クラスの前後に利用できる参加者専用スペースを設けて、コミュニティ感覚を作ります。

上記のようなユニークな体験がプログラムのビジョンと合致するよう心がけてください。

簡単な登録手続き

参加見込み客がプログラム参加にかかる金額を簡単に把握できるようにしましょう。ここでもビジョンをよく考えてください。どんな人をプログラムに呼び込みたいのか、その人たちはどんなサービスにお金を支払ってくれそうなのか。

現在の顧客は、オンラインまたはアプリからの登録を求める傾向が高まっています。直接会って関係を築き、施設の提供物についてさらに詳しく説明する機会が減りますが、プログラムを「売りつけられる」のが嫌な層にアプローチする機会は増えます。

価格設定はビジョン、領域、メンバーの年齢層などに応じて決めます。グループ規模が大きいほど、セッション1回の価格は下がります。参加者に4週間のロングセッションに参加してほしいのか、それともドロップイン価格設定モデルにするのか。対象層は、施設費に加えて年間会費を支払ってくれそうか。

グループトレーニングプログラムを立ち上げることは、貴施設にとってエキサイティングなビジネスチャンスです。現在のメンバーに熱気とコミュニティ感覚をもたらし、新規メンバーを施設に取り込みます。徹底的に考え抜かれたプランニングは、最適なプログラムとビジネスモデルのデザインからプログラムの立ち上げの成功に役立ちます。業界の変化と顧客のトレーニング嗜好を常に把握し、プログラムを成長させたいという気持ちを持ち続けることが、時間がたってもトレンドから逸れずに居続けることにつながります。

上記6つの重要な構成要素を含めた詳しい情報とワークシートについては、 Group Training Business Manual(グループトレーニングビジネスマニュアル)を参照してください

必要なグループトレーニング機器については、Precor営業部に直接お問い合わせください