HIITとメタボリックトレーニングを 施設で実施するには

フィットネスジム経営者向け

HIITとメタボリックトレーニングを 施設で実施するには

現在、フィットネスクラブに通う人の42%がブティックジムに通っていることをご存知ですか?「IHRSA’s 2015 Health Club Consumer Report」(IHRSAによる2015年のフィットネスクラブコンシューマーレポート)によると、月ごとのメンバーシップ収益を比較した所、従来の商用フィットネスクラブが14.9億ドル(※約1623億円)であるのに対し、ブティックジムの収益が24.5億ドル(約2668億円)もあることを報告しています[1]

ブティックジムの成功を後押しするのは、ミレニアル世代であり、彼らの行動的なライフスタイルに適したフィットネスルーチンを活用したからです。この世代は手頃な価格で挑戦できるアドベンチャー、体験、コミュニティを求めています。成功しているブティックジムはこれらのニーズに対応した環境を施設内で実現しています。この業界を変貌させたトレンドについていくためにはどうしたらよいでしょうか。

各種プログラムによるカルチャーの構築

この動向におけるキープレーヤーになるは、メンバーに求められているカルチャーを施設内でいかに構築できるかです。これを実現する効果的な方法は、スモールグループトレーニングプログラムを開発することです。スモールグループトレーニングプログラムを構築する際には、メンバーの年齢、活動、彼らが既にグループ活動を行っている場所などの、既存のメンバーの特徴を考慮すべきです[2]。これらの側面を検討することで、このプログラムで成功するための新規メンバーを募ることなく、既存の潜在的な市場やジム内の特定のグループをターゲットとすることができます。

スモールグループトレーニングプログラムを通じて、メンバーに意欲を起こさせると同時に、教育することができます。ユーザーに各自のトレーニング目標達成方法についてアドバイスし、心身ともに自分を向上させる方法について時間をかけて教えることが、プログラムで成功を収める秘訣です。

効果的なプログラムを開発するためのもう1つの重要なステップは、ユーザーが望むコミュニティ意識を生み出し、ユーザーとの個人的なトレーニング関係を構築することです。ユーザーが自信を持ち、設定した目標を達成できるように後押しする必要があります。自社施設のプログラムを競合施設よりも目立たせることが重要です。メンバーが通りの先にあるブティックジムではなく、お客様のジムに来る理由は何でしょうか?当社は、お客様が求めている答えを提供します。下記にて詳細をご覧ください。

 

HIITトレーニング

HIIT(高強度インターバルトレーニング)とは、集中的な高強度アクティビティと、一定時間の低強度アクティビティまたは完全な休憩を交互に行うワークアウトのことです[3]。HIITトレーニングは優れた特徴を有し、忙しいスケジュールをこなすミレニアル世代のユーザーにとって魅力的で、スモールグループトレーニングプログラムにぜひ加えるべきです。HIITは短時間で大きな効果が得られる魅力的なトレーニング方法です。調査によると、高強度インターバルトレーニングを週に3回、15分間ずつ行うだけで、トレッドミルで1時間ジョギングするよりも効果が得られることが明らかになっています3。

HIITを実施することで、ユーザーはより短時間でカロリーを燃やすだけではなく、その高強度の運動の効果により、ワークアウトから24時間は引き続きより多くの脂肪とカロリーを燃やすこともできます。これを誰が望まないでしょうか。

メタボリックトレーニング

施設の行動派のメンバーを惹きつけるもう1つの効果的な方法が、メタボリックトレーニングです。このアプローチはインターバルトレーニングとレジスタンストレーニングを組み合わせたもので、独自のフィットネス体験を提供し、最大限の結果を生み出します。このスタイルのトレーニングは小グループを対象とすることが多く、45~60秒間の高強度のワークアウトが実施され、セット間の休憩時間は最小限に抑えられます[4]

メタボリックトレーニングでは、ユーザーはいつでも参加できます。そしてより短時間で必要とする全体的な筋肉量を最大限に増やし、より多くの脂肪を燃やすことで、ユーザーが目指す結果を達成させます。短時間で最大限の結果が得られるところが非常に魅力的です。お客様がプログラムを取り入れる方法についてPrecorがどのようなサポートを提供できるかについて下記をご覧ください。

プリコーのソリューション

お客様の施設がHIITとメタボリックトレーニングを導入するのをサポートするためにプリコーが提供しているいくつかのオプションを紹介します。

私たちは皆、インターバルトレーニングのセッションを実施するときには、一秒も無駄にしたくないことがわかっています。当社の TRM 731iインターバルトレッドミルで利用可能な新しいPrecor P30iインターバルコンソールは、より短時間で結果を出せるように、ワークアウトと休憩の時間を最大限に活用するために最適化されています。このPrecorインターバルトレッドミルは、自発的なワークアウトを好むユーザー向けに設計されています。タバタ式、30秒のインターバル、またはその他のお好きなHIITバリエーションを実施する場合でも、新しいPrecorインターバルインターフェイスは簡単にプログラミングできるトレーニングアプリとしての役割を果たし、ミレニアル世代のユーザーが求めているアクティブな体験を提供します。

このコンソールではワンタッチで速度と傾斜の設定ができるため、ユーザーは自分のフィットネス能力に合わせて設定をカスタマイズすることができます。ユーザーは希望するインターバル(低強度、中強度、高強度)に応じて、ボタンをタッチすることで、素早くインターバル間の切り替えを行うことができます。施設スタッフがこのコンソールでいかに簡単に指導できるかをPrecorコーチングセンターでご確認ください[5].

また、プリコーは Assault AirBike, Assault AirRunnerQueenax™ファンクショナルフィットネス を提供しており、これらを利用して、HIIT、メタボリックトレーニングなどのアプローチをファンクショナルトレーニングと組み合わせることができます。これを実現するには、トレーナーには迅速、効果的、魅力的、かつ施設固有のプログラミングを行う能力が必要です。高強度のインターバルトレーニングをレジスタンストレーニングと組み合わせたサーキットを構築することで、ユーザーは広範な筋肉群を同時に鍛えることができます。

 

 

Assault製品は、無限に抵抗を調整可能で、さらにユーザーは各自のフィットネスレベルに合わせて難度をカスタマイズできるため、高強度カーディオを小グループのプログラミングに導入するのに最適です。またこれらの製品は携帯性に優れているため、施設内で楽に持ち運ぶことができます。Precorは、お客様のスタッフがこれらの製品を効果的に施設に導入できるように、コーチングセンター で、これらの両製品を使用したさまざまな種類のワークアウトを提供しています。

 

お客様のジムがHIITとメタボリックトレーニングを取り入れるために当社がどのようなサポートを提供できるかについて詳細をお知りになりたい方は、Precorの担当者 までご連絡ください。

 

 

※2018年1月現在の為替レートで計算